A.G.N co.,ltd

A.G.N co.,ltd

131111.jpg

楽しみにしていた今年の誕生日記念の昼食会。
お昼前からそわそわしていたワタクシ、
正午前に、今回ご一緒するT田さんとT中さんと社長室
へダッシュ!
社長がにこにこして立ち上がって迎えて下さいました。

さて、おいしいお弁当をいただきながら伺った今回の話題は、
まずはウミガメの産卵のお話し。
この神秘の産卵の様子をNHKでご覧になった社長の
お話しの面白いこと!
泪を流しながら(実はこれは塩分を排出しているのだそうですが)
卵を産む母ガメの様子や、砂浜に埋められた卵から孵って、
互いを踏み台にしながら地上まで這い上がってくる赤ちゃんガメたちの
様子などをまことに興味深く伺いつつ、大人になることのできる子ガメは
ほんの一握りであって、その偉大な母ガメなんぞはもう、
信じられないような自然界の淘汰の末の奇跡的な存在だということを、
お話しを伺いながらあらためて実感したことでした。

そうしていつしか話題は、現代日本の、子ガメならぬ子どもたちの
置かれている、これまた信じがたい学校教育現場のお話しとなり、
身近に小さな子どものいないワタクシなどは、ええっ、それは
ホントウですか、まさか!そんな!シンジラレナイ・・・と呟くのみ。
今の子供たちの世界に蔓延するという陰湿なイジメのお話しから、
現在の学校の抱える深刻な問題や困難な課題、さらには教育現場への
提言まで、縦横無尽に繰り広げられる話題と社長の熱いお話ぶりに、
すっかり圧倒されたワタクシドモでした!

ワタクシが最も胸を打たれたのは、「どんな人間でもさまざまな困難は
必ず経験するものだし、現に私(社長ご自身のこと)もそうだった、
君たちだって経験があるだろう、でもだからこそ、それに耐えて
次に進んでいけるだけの精神力、心の強さというものを、子どものうちに
養ってあげなければならないんだよ」という社長の言葉でした。
それを伺いつつ、自分の来し方が走馬灯のように(今では古い比喩
かしら)
頭の中を駆け巡ったワタクシ、う~~~む、全く、本当にそうでした、
そうですょねえ~~~と、これまた深く、うなづくのみでした。

社長、この度も誠にありがとうございました。
また来年のこの日を、今からもう、心から楽しみにいたしております。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply